Excel

【Excel】エクセルのコピペでずれる(数式や関数の数字:書式等のレイアウト:フィルタ)原因と対策

当サイトでは記事内に広告を含みます

この記事では、エクセルのコピペでずれる(数式や関数の数字:書式等のレイアウト:フィルタ)原因と対策について解説していきます。

 

コピペで数式や関数の数字がずれる原因はエクセルがそもそもコピペ先のセルに合わせて数式や関数のセルがずれるようになっている(相対参照になっている)ためです。

 

対策としては、

 

ずらしたくないセルを絶対参照で指定する

 

数式や関数ごとコピペする

 

とよいです

 

この記事では、コピペで数式や関数の数字がずれる場合だけでなく、書式等のレイアウトフィルタがずれる場合の原因と対策についても紹介します。

 

それでは実際のサンプルを用いて、詳しい処理方法を見ていきましょう。

 

 

エクセルのコピペでずれる原因と対策(数式や関数の数字)1

エクセルコピペで数式や関数の数字がずれる原因は、コピペ先のセルに合わせて数式や関数のセルがずれるようになっている(相対参照になっている)からです。

 

対策としては、ずらしたくないセルを絶対参照で指定するか、数式や関数ごとコピペするとよいです。

 

それぞれの原因と対策について順番に紹介します。

 

まずは絶対参照で指定する方法です。

 

以下のサンプルでは、D3セルをコピーしてG3セルにペーストしたい場合に、通常通りコピペするとG3セルにエラーが出ています。

 

この原因は、C3セルが相対参照の状態のままコピペしたためです。

コピー元では、D3 =(C3/$C$8)*100ですが、ペースト先では、G3=(F3/$C$8)*100となっており、分子に「左隣のセル」が指定されて相対的にずれてしまっていますね。

 

対策としては、コピー元からずらしたくないセルを絶対参照にしてコピペするとよいです。

以下のサンプルでは、コピー元の D3 =(C3/$C$8)*100のうち、C3セルをずらしたくないため、数式の中の「C3」のどこかにカーソルを持ってきてから[F4キー]を押します。

すると以下のように「C3」の表示が「$C$3」に変わり、絶対参照されている状態になので、[Enterキー]で確定します。

 

この状態でD3セルからG3セルにコピペすると、以下のようにC3セルがずれない(絶対参照される)ため、同じ数字でコピペすることができました。

 

数式や関数ごとずらす方法

次に、数式や関数ごとコピペする方法です。

 

以下のサンプルで、D5セルをG4セルにコピペしたいとします。

このままコピペすると、先程と同様にエラーが出てしまいます。

 

対策として、関数欄に表示されている数式をコピーします。

 

数式をG4セルにペーストすると、ずれることなく値をペーストすることができました。

 

 

エクセルのコピペでずれる原因と対策(書式等のレイアウト)2

コピペで書式等のレイアウトがずれる原因は、貼り付ける時に元のセルの書式が反映されてしまうからです。

 

対策としては、貼り付ける時に適切な貼り付けのオプションを選択するとよいです。

 

以下のサンプルのように通常通り表をコピペすると、行の高さは反映されるものの、列幅が変わらないため書式のレイアウトがずれてしまいます。

 

対策としては、まず通常通りに表をコピーして、貼り付けたいセルで右クリックします。

[形式を選択して貼り付け]を選んで、その中から[元の列幅を保持]をクリックします。