WORD

【Word】ワードでの図形編集ができない(図の文字も)原因と対策

当サイトでは記事内に広告を含みます

1. ワードで図形編集の方法
2. ワードで図形編集ができない原因と対策
3. ワードで図形の文字編集ができない原因と対策

 

 

文書やアンケートなど様々な文書が作成できるワード(Word)。

 

ワードの機能を使いこなすことで、業務の効率化が図れます。

 

例えば、ワードで文書とは別に図形や文字を挿入していて、急に編集できなくなったことはありませんか?

 

図形や挿入文字が編集できない原因は、仕組みがわかってしまえば意外と単純だったりします。

 

今回は、ワードでの図形や文字の編集の基本、操作できなくたった場合の対処について解説していきます。

 

 

ワードで図形編集の方法

 

ワードでは、上部リボンメニューの「挿入」→「図形」から、様々な図形のテンプレートを簡単に挿入できます。

 

ここでは、「吹き出し:左矢印」を選択して挿入してみましょう。

「吹き出し:左矢印」を選択すると、マウスのカーソルが十字形に変わります。

 

その状態で、図形を挿入したい箇所をクリック→ドラッグすると、好きな大きさで図形を配置することができます。

 

ちなみに、

 

・「Shift」キーを押しながらクリック&ドラッグ→縦横比を変えずに挿入

 

・「Ctrl」キーを押しながらクリック&ドラッグ→クリックした場所を中心に挿入

 

・「Shift」キー+「Ctrl」キーを押しながらクリック&ドラッグ→その両方

 

という機能を使うことができます。

挿入した図形を選択した状態ですと、上部リボンメニュー「図形の書式」→「図形の塗りつぶし」や「図形の枠線」から、それぞれ好きな色に変更することなどができます。