Excel

【Excel】エクセル散布図のエラーバー(標準偏差や標準誤差から、個別それぞれ、最大値や最小値、範囲)の付け方・設定方法

当サイトでは記事内に広告を含みます

この記事では、エクセル散布図のエラーバーの付け方について解説していきます。

 

エクセル散布図にエラーバーを付けたい時は、

・エラーバーの範囲設定の元になる値を計算する

・散布図の誤差範囲を設定する

とよいです。

 

それでは実際のサンプルを用いて、詳しい処理を見ていきましょう。

 

 

エクセル散布図のエラーバーの付け方(それぞれに最大値や最小値)

エクセル散布図でそれぞれの点に最大値や最小値のエラーバーを付けたい場合は、誤差範囲を設定するとよいです。

 

以下が作成用のサンプルデータで、D列のデータ2に対してそれぞれの最大値がE列に、最小値がF列に表示されています。

エラーバーには誤差範囲を設定するので、まずそれぞれの正の誤差と負の誤差を求めましょう。

 

正の誤差はE列の最大値からD列のデータ2を引いた値で、G列に計算結果を表示させました。

 

負の誤差はD列のデータ2からF列の最小値を引いた値で、H列に計算結果を表示させました。

 

データの準備ができたので、まずはBからD列までのデータで散布図を作成します。

 

次に散布図を選択した状態で、[グラフのデザイン]タブをクリックし、グラフ要素を追加のアイコンをクリックします。

 

誤差範囲をクリックし、右の選択肢から[その他の誤差範囲オプション]を選びます。

 

エクセル画面の右側に誤差範囲の書式設定メニューが開くので、誤差範囲の一番下[ユーザー設定]を選択します。

 

[値の指定]ボタンクリックしましょう。

 

ユーザー設定の誤差範囲のポップアップ画面が開くので、正の誤差の値の右端にある上向き矢印に下線が付いたマークをクリックします。